居残り給食は体罰か?

  • 2016.06.22 Wednesday
  • 10:52

先日、うちの2歳児が幼稚園で一時間以上も居残り給食をさせられた。

これはもう体罰なのでは・・・?

調べると、居残り給食についての相談はけっこう多く、体罰なのでは?と感じる人も多い。

 

弁護士ドットコムによせられた相談に対して、以下のように述べられている。

 

「給食を食べない児童に対して、たとえば無理矢理口に押し込むとか、はき出した物を食べさせるといった指導は、体罰と評価されるでしょう」と指摘する。

 

「指導の対象となっているのは、心身が未発達の小学生です。さらに、学校給食は完食することを前提に栄養を考えられています。

また、完食するまで給食が終わっていないと解釈して、児童をその場に残すという手法自体は、場所的・時間的にも、態様としても、著しく不当とはいえません」

 

また、体罰については、

 

文科省の考え方によれば、体罰とは『当該児童生徒の年齢、健康、心身の発達状況、当該行為が行われた場所的及び時間的環境、懲戒の態様等の諸条件を総合的に考え、個々の事案ごとに判断する』とされています。

つまり、体罰か否かの明確な線引きはなく、ここであげたような事情を考慮しながら、ケースバイケースで判断せざるを得ないことになります。

 

と説明されています。

そして、結論としては、

 

体罰ではないからと言って、これが適切な指導かと言われれば、答えは『ノー』だと思います。

好き嫌いは学校教育だけで解決するものではなく家庭での食育との連携が必要です。また、嫌いなものを無理矢理食べさせたとしても、ますます嫌悪感が強くなるだけでむしろ悪影響です。

『好き嫌いをなくす』という目的と指導方法(手段)がマッチしておらず、指導として不適切でしょう。

 

とのことです。

私もまったく同感です。

で、うちの子のケースの場合、

2歳という年齢、2時間近くも、昼寝の時間を削って、ということを考えるともう体罰の域になると個人的には思いますね。

 

ただ、先生が、罰という認識など全くなく、うちの子のために良かれと思ってしたことだとは思います。

基本的には先生を信頼しているので、この件についてお話する際も、苦情としてではなく、要望としてお願いしました。

「居残りさせる時間が長すぎると思うので、今後はしないで欲しい。食事は楽しいものだと感じて欲しい」と。

 

先生の言い分は、

「いつも完食するので、時間をかければ完食してくれるのではないかと思った」

というものでした。

 

結局うちの子はおかずを残すのだけれど、いつもは完食する子が残す場合は、まず体調悪いのかな?と保育士なら誰でも考えるのではないかと思う。考えるべきというか。

私の勤める園でも、そういうことが何度かあった。

今日はいつもより食べないな、と思っていたら熱があった、とかね。

 

そして、その日うちの子も帰宅してから熱が出た。

今思えば、給食のときから体調が悪かったのかもしれない。

確かにうちの子は好き嫌いがあるし、食わず嫌いでもあるので、食べさせるのには苦労する。

だから先生も、またうちの子の単なるわがままと考えたのだろう。

 

とにかく、体調が悪いかどうかに関係なく、

居残り給食も、やり過ぎると体罰になる

と私は考えます。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私が子供のころは、居残り給食など当たり前のようにあった。

昼休み中、泣きそうになりながら食べていたクラスメートの姿を思い出す。

 

私自身、中学生のころ、給食を食べきれず辛かった。

先生が、クラス全員食べ終わるまでごちそうさまをせず着席させたままだったので、

少食の私はクラス全員に迷惑をかけることになった。

先生からは、「はしを動かしているだけで全然食べていない」などと馬鹿にしたように注意されたり、

給食は肉体的にも精神的にも非常に苦痛なものだった。

 

昭和世代は、似たような経験をした人はごろごろいるだろう。

けれども、現在では、もはやそのような指導はしない。

今や「給食は残しても良い」時代になったのだ。というか、残らないよう食べきらない人には少なく盛るとか、どうしても苦手なものは一口だけ頑張るとか、そういった指導がされているようだ。

 

今回、幼稚園の先生とお話して感じたのは、

もしかしたら昭和世代の先生は、「居残り給食など普通」という感覚でいるのではないか、ということだ。

それに、ベテランの先生に対しては、若い先生は意見しにくい雰囲気があるのではないかと感じた。

 

2歳児が、一人ぽつんと居残り給食しているのを見て、何人もいる先生の中の誰一人として「もういいんじゃないですか?」と言う人がいないことも、恐ろしいな、と思った。

もしかしたら言ったかもしれない。でもベテランには逆らえない。そういう状況もあったかもしれない。

それか、その園ではこれまでずっとそういう指導をしてきたから、それが普通という感覚が全員身についているのかもしれない。

 

私も、10分15分程度居残りさせられたくらいではどうとも思わない。食べるのが遅い子はゆっくり時間をかけて食べればいいと思うし。

 

今回の居残り給食は、私がたまたま隣の保育園で働いていたので発覚しただけで、そうでなければ普通はわからないことなのだ。

保護者は、我が子が園でどのような保育・教育を受けているのかわからない。

保護者の前では、先生たちはみんなステキな笑顔で優しく、子供たちにとても良くしてくれている。

でも・・・保護者のいない保育室で、暴言吐こうが厳しい叱責をしようが、子供がまだうまく話せない年齢であればやりたい放題・・・かもよ?

 

と、不安をあおるようなことを書きましたが、普通は大丈夫です。

私が勤務する園でも、先生たちはみんな優しいし、子供たちを可愛い可愛いといって楽しく日々を過ごしています。(過去には非常に厳しい先生もいたようですが)

もちろん手を焼く子どももいるので、イラっとすることはありますけどね。

 

えっと、何が言いたいかって言うと、

保護者は、園に預けたらとにかく先生にお任せで口を出さない、というのもいいですが、

少しでも気になることなどあれば、先生を信頼して思い切って意見をいいましょう、ってことです。

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • 10:52
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント

    こんにちは
    お久しぶりです

    体罰というより 異常ですね
    そんな幼い子どもに‥ (>_<)

    私は 子どもが通っていた幼稚園で 食べるのが遅い子は 教室の一画に集めて 食べた子は同じ部屋で着替えをしてる、って実態を知った時でさえ 園に意見しました。 埃まみれの部屋で食べさせるって 嫌だな、と思って。
    改善はされなかったですけれど。

    なんでもかんでも食べさせたらいいってものではないですよ。
    昭和時代の先生は(私の地域では) 体罰を普通にしていました。 今は 体罰(暴力)をしない代わりに それ、指導ですか?と思うようなことをされています。
    意見しない保護者が多く、意見する保護者は モンスター扱い、 大変な時代です。 本当のモンスターもいるらしい。

    お子様が 楽しく食事できるよう 守ってあげてください(*^o^*)

    • 理子
    • 2016/06/24 5:51 PM
    理子さん、
    ありがとうございます(^o^)

    埃まみれの部屋なんて、最悪ですね。

    確かに多くの保護者は陰ではいろいろ言っていても、先生には何も言わないですね。言えないっていうか。
    意見する親はすぐモンスター扱いされたりしますからね〜(^_^;)

    私はモンスターでいいんで(^o^)、思ったことは意見したいと思います。
    じゃないと何の進歩もないしね。

    給食指導のしかたは見直してもらいたいですね。
    そう思って、今回の件は、市役所にも電話しておきました。
    • miki
    • 2016/06/26 9:17 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM